ネコとハーブと下僕たち

賑やかなニャンコ家族の日記です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

個人的な・訃報です

こんにちは。 こんばんは(?)

コメントをして頂いているにも関わらす、お返事をしていない

わたくしを許してください(-_-;)



そして、今日は残念なお知らせをしたいと思います。

個人的なのですが、

ウチの実家のニャンコ・くりさんが昨日虹の橋を渡って行きました。


くりさん2
享年・16才


ただ、私はまだ実家に帰っていないので、実感がありません。


ですが、今年初め(去年だっけ?)から膀胱にデキモノがあると診断されて

投薬をしており、それもあまり芳しくなかったので覚悟はしていました。

実家の母も、長くないと思っていたみたい。



5月の連休まで元気でいて欲しいと、最後になりそうだから会いに帰ろうなんて

思っていた矢先の出来事で。

いや、まだ帰ったら「ニャ~」とかってあのソプラノ音で出迎えてくれるのではないかとか、

思っちゃってる次第です。


くりさん3


夜は普通にいつもの場所で、いつものように寝ていたそうです。

そして朝起きたら、もう旅立った後だったのよと 母は言ってました。

眠る姿で、苦しまずに旅立ってくれた事だけが、心落ち着きます。


くりさんは、先天性の癲癇発作持ちで生後4か月頃から、投薬生活で苦しんでました。

医師からは、1歳まで持たないだろう。 なんて、癌患者の告知モドキをされ

安楽死を進められ。 それでも、検査と彼女に合う薬を取り寄せてもらって

がんばって、16年。 いつのまにやら、医師も癲癇ニャンコのプロに(笑)




だから、旅立ちの時くらい静かにいけたらいいね~なんて、

母と冗談めかして話していたのは、正月くらいかな。



実家に帰ったのが、3月初旬。 あの時に沢山写真を撮れば良かったと。

この写真は、去年の夏のものです。 年寄りだけれど、元気な頃のもの。




ををを…取り留めもない話を、長々と!!!   スミマセン!!!


うん。 なんとなくね、ブログに書くと…整理がつきます。



次に、実家に帰ったらくりさんは小さな箱の中にいるのだろうけれど、

両親と笑って昔話ができそうです。


みなさま、長文・乱文 お付き合いくださって、ありがとうございます。


次回からは、いつものように7匹のおバカなブログに戻りますよ~~~!!!










スポンサーサイト

| 未分類 | 14:31 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/04/23 22:55 | URI |

最期は苦しまずに逝けてたらいいですね。
癲癇で16年。
長生きです。大事にしてもらったからでしょうね。。。

| あんもにゃいと | 2010/04/24 01:54 | URI |

す 凄い!癲癇で16年
くりさんよく頑張ってくれましたね
きっと愛情をいっぱいもらえ楽しくのびのび過ごせたから
こんなにも頑張れたんでしょうね 本当に凄い
しかし16とは思えない綺麗な毛並みしてたんですね
実家に帰った時お母様とくりさんのお話いっぱいして来て下さいねっ

くりさんのご冥福をお祈りします

| こまち | 2010/04/24 12:44 | URI |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/04/24 14:33 | URI |

猫にも癲癇が・・・珍しいそうですね;
お家族の方も、くりさん本人もいっぱいいっぱい
がんばったのでしょうね。
お写真はとても穏やかで幸せそうで
どれだけ愛されていたかがうかがえます。

くりさんのご冥福をお祈りいたします。

| ぽち | 2010/04/27 18:53 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://piyopiyo46121.blog36.fc2.com/tb.php/277-b7b9d9ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。