ネコとハーブと下僕たち

賑やかなニャンコ家族の日記です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ユズのお写真

ユズのポスターを新調するために、新たに写真撮り(笑)
拾い猫_ユズ3
             ユズ 「ちぇくちーポージュ」

タワーの真ん中で降りられなくしないと、動き回って撮影できません(泣)

座ると人の膝に乗ってくる、甘えん坊に育ちました。 これで可愛がられること間違いなしです!

寂しいと言ってたら、次の子を世話できないからこれは諦めないと(笑)

ノラちゃんに石を投げている人を見ると、悲しくなります。そんなことがない世の中になれば!

と、保護しては世話をする人になってしまっている

ブログを始めてから、保護して世話をする人が国内中に居るんだと知りました。

たった一人でコツコツするよりも、仲間がいるんだ! と知っているほうが心強いですね。

学ぶこともたくさんあります



それはさておき(笑)

昨日は急遽、昼から愛宕山へ登りました

ウチの相方さんのお父様が生前通っていたお寺があるので、お参りに。

付いて行っちゃいました。

普通のシューズに、重ね着シャツで(笑) いや~、準備はするものです。

愛宕山は表参道・裏参道があって、表は観光客用にきれいになってます。

裏は…思ったより荒れ果てていて、台風の後!?みたいな惨状でした。

観光…というより、ハイキング客がけっこう登ってらっしゃって、マナーは完璧

知らない人でも挨拶 これ、登山の基本です。

愛宕山_月輪寺
                愛宕山中腹_月輪寺(げつりんじ)

住職さんお一人が住んでらっしゃって、昔は親切で修理をしてくださったのだけど、最近はそんな方も

減ってしまったから荒れるだけなんですよ。 と、お話しされてました。

裏参道だから、檀家さんがいないのだそうです。 

本当に残したいのは、こんなところなのでは? と、しみじみ思いました

愛宕山は正面はキレイですが、裏は山が崩れてきていました。 

これが、本当に京都を守ってくれている御山なのか? そのうち、罰が当たりそうです。

それでも、山と森は生きようとしていました。

倒杉の生命力

斜面に立つ杉が台風で倒れてしまい朽ちるだけだと思っていたら、そこから枝が木となり成長を

しています。 これは、相方さんが子供の頃からあり、登るたびに見ていたそうです。

「大きくなった」と喜んでいましたが、あと10年もたたないうちに支えきれなくなって、倒れてしまう

のではないかと…。 このまま大きく育ち続けてほしいものです。

山に登るって、いいものですね。 あまり楽しくはないけれど、人生で悩んだ時は登るに限ります(笑)

そして、得たものはすがすがしさと、筋肉痛

痛くて、階段が降りられない~

スポンサーサイト

| 未分類 | 12:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

男の子なのに 「ちぇくちーポージュ」(笑)
可愛いからすべて許す!(笑)

ああ、これ「アタゴヤマ」って読むんですね!
それなら聞いたことありまーす。
最初何て読むんだろうと・・・(無知ですいません。げへげへ)
「伊勢へ七度、熊野へ三度、愛宕さんへは月参り」と
言われるほど、そちらでは代表的な山なんですね。
杉の木のお写真、神秘的で見入ってしまいました。
うーん、何年も何十年もこのまま育っていってほしいですね~。

| ぽち | 2008/10/26 13:14 | URI | ≫ EDIT

この「ちぇくちー」写真なら引き取り手は数多に・・・って
思うぐらいのポーズっすねぇ(笑)
良い飼い主がみつかるといいね。

んで、愛宕山ですが・・・
中学時代は毎年学校行事で上らされていましたわ。
しかも、小6の秋の遠足が愛宕登山だったから
4年連続・・・
まあ、私はけっこう成績上位だったっすけど(自慢)

今は登る体力ないだろなぁ・・・(苦)

| ぶんたった | 2008/10/26 19:13 | URI | ≫ EDIT

>> ぽち 様

そして、にゃんこタワーを登ることを覚えて、暴れる範囲が増えました(笑)

ああ!読み方書くの忘れてた! すみません(汗)
京都の読み方って難しいですよね。 見慣れてるから、普通に呼んでしまうけど。
ポピュラーなお参り登山ですね(笑)
今年は紅葉がキレイみたいなので、観光客も多そうです。
そして、地元民は避けるように生活するのです(笑)



>> ぶんたった 様

「ちぇくちー」 やりすぎて、転倒(笑) 
よくコロコロ転がってますよ! 

地元民ですからね(笑) 必ず登らされる御山ですね。
私は伏見出身なので、比叡山でした(笑)
伏見の小学校だったのに校歌が「愛宕山はるかに望み~」でしたよ(笑)

いや~まだ、現役大丈夫ですよ!
相方さんでさえ、軽々登ってましたから。 私が足手まといでした(笑)
子供ができて、小学校上がったくらいからハイキング開始ですね!


| うーぴよ | 2008/10/27 09:42 | URI |

あたごさん と つきのわでら

山頂の愛宕神社は火の神様を奉っています。
3才までにお参りしたお子さんは、火災にあわないというご利益が口伝えであります。
私の15歳年下の妹は亡き父におぶってもらいお参りしました。
月輪寺は10年くらい前に
夕方5時ころに野生のタヌキがえさをもらいに来る…
という記事が地元の京都新聞に載った事があります。
うんちくたれでした。

| ゆうこ | 2008/10/27 12:15 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://piyopiyo46121.blog36.fc2.com/tb.php/83-b8c6fdda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。